HDDクローンとは?作成のメリットと事前に行うべき準備 – HDD・SSDのクローン | データ複製・保全 SSD換装

データ復旧 データ復旧の技術 BCP対策 機器の故障と原因 データバックアップ データ保存の豆知識 ITお役立ち情報 ハードディスク(HDD) SSD パソコン(PC) クローン データ保全 SSD換装

HDDクローンとは?作成のメリットと事前に行うべき準備

投稿日:2020年1月20日 更新日:

PCに搭載されている記録媒体として、最も多く使われているHDD。
HDDは消耗品のため、毎日PCを稼働させ続けることで当然劣化してしまいます。
劣化によって故障してしまった場合、中のデータが消失してしまう可能性が高いため事前に対策が必要です。

故障に備えてデータのバックアップをとるほか、 HDD本体のクローン(複製)をしておくことをおすすめします。 HDDのクローンを行うことで、PC自体のシステム関係も含めたバックアップが作成出来ます。
PCの起動、動作不良の原因で最も多いのが、記録媒体であるHDDの故障です。
こちらの記事では、HDDのクローン作成メリット注意点をご紹介いたします。

クローンとは?その利点と注意点

クローンとは、対象のHDDに保存されているファイルだけではなく、システム情報(メールやインターネット、ユーザー情報等の設定)、フォルダー構造などの全データの完全な複製を行います。

クローンについて、詳しく紹介している記事もございますので、こちらも是非ご参照下さい。

HDDのクローンとデータコピーの違い

利点

HDD故障によりPCが使用不可になった時、新しいPCを購入するには時間がかかります。加えて、新しいPCを購入した場合、しなければならない初期設定やメール設定をしたり、今まで使用していた各種ソフトを入れて、ライセンスを入力してアクティベーションして・・・ととても時間がかかります。
ですが、クローンHDDならば、既に初期設定やメール設定、アクティベートした各種ソフトの情報も保存されています。つまり、クローンHDDを故障したHDDのかわりにPCにつけることで、上記作業の手間が大幅に削減でき、時間ロスを抑えることができます。 また、一部の業務用ソフトにはインストール作業や設定に大変時間がかかったり、WindowsXPなど特定OSでなければ動作しないものがあります。 BCP対策の一つとして、クローンを定期的に行い、万一の災害等の際も大切な業務を止めないように日頃から対策を行いましょう。

BCP:事業継続計画(Business Continuity Plan)。災害などの緊急事態が発生したときに、企業が損害を最小限に抑え、事業の継続や復旧を図るための計画。

 

注意点

クローンを行う時絶対にするべきことが2つあります。
1つは、データのバックアップです。データを、PCだけに保存しておくのは大変危険です。クローン中に元々のHDDが壊れてしまう、間違えてクローン先HDDの情報で元々のHDDを上書きしてしまう等によりデータが消えてしまう可能性は0ではありません。
データはPCのローカルディスクだけではなく、サーバやNASにバックアップをしておくようにしましょう。

もう1つは、ウイルス対策です。
クローンは完全複製を作ります。そのため、万が一ウイルスに感染しているHDDからクローンを作成すると、新しいHDDにもウイルスがそのまま複製されてしまいます。 それを回避するためウイルス対策を行いましょう。

なお、HDDを交換をしても起動しない場合他の部品故障が考えられるため、修理または買い替えが必要になります。

SSD換装も簡単に!

クローンの作成はHDDだけでなくSSDに行うこともできます。このことを利用することで、パソコンのHDDを簡単にSSDに換装することができます。しかも、上述したようにクローンは、現在のパソコンの諸設定もそのまま持っていけるため、新しくメールを設定し直すこと等が不要です。

また、パソコンの種類によっては、換装できないモデルのSSDがあります。弊社のSSD換装サービスならば、換装したいパソコンに合ったSSDをご提案、ご用意することができます。
パソコンからSSDへの換装に興味がある、SSDに換装をしたいけど、どのモデルがいいのかわからない、等お悩みがございましたら、リプラスのSSD換装サービスを一度参照下さい。
SSD換装について、詳しく紹介している記事がございますので、こちらも是非ご参照下さい。

HDDからSSD換装!OSを含むデータのクローン!

クローン作業はCHORONO DATAにお任せ

いかがでしょうか。HDDのクローン作成のメリットはおわかりいただけましたか?日頃の業務を円滑に進め、万一の事態を避けるためにも、日頃からのこうした対策が重要となります。

ですが、 HDDの故障リスクに備えて行うべきクローンですが、手順や方法を間違えてしまうと大切なデータを消去してしまったり、PCが起動しなくなってしまうこともあります。
個人で行うこともできますが、消失リスクを抑えるためにもぜひ私たちプロにご依頼ください

弊社が行うクローンサービス「CHORONO DATA(クロノデータ)」では、HDD内のセクタ単位でのクローンを実施します。万一不良セクタが発生していた場合は、発生状況を調べ、修正を行う技術も持っています。
クローンやSSD換装をおこなう際は、ぜひ「 CHORONO DATA(クロノデータ) 」にご相談ください。

-データ復旧, データ復旧の技術, BCP対策, 機器の故障と原因, データバックアップ, データ保存の豆知識, ITお役立ち情報, ハードディスク(HDD), SSD, パソコン(PC), クローン, データ保全, SSD換装
-, , ,

執筆者:

関連記事

クローンHDDによる復旧事例-製造業編-

「PC」やサーバにはデータを保存している「HDD」が搭載されています。 しかし、「HDD」は使用と共に劣化し、故障してしまうケースも少なくありません。 もし、故障してしまった場合、壊れたHDDから直接 …

IT保守管理者の悩み!保守契約エンドからシステム複製のお願い

Contents1 長年、保守契約を結んでいた製造業クライアントからの突然のお願い2 データ復旧で依頼していた株式会社リプラスへの相談3 システム会社、製造業クライアント、リプラスの打ち合わせ4 正式 …

【法人向けPC保全】SSD換装とHDDクローンをおこなうメリットとは?

法人でシステム管理者が頭を悩ませるのは、従業員のパソコンや企業内サーバーのデータ保全です。データを保管するHDDは消耗品であるため、経年劣化していきますし突然の故障も起こりえます。 クローンしたHDD …

【裁判でも提出可能】データ保全にクローンを利用して証拠を確実に!

内部監査やインシデント発生時には、真実を確かめるために証拠をおさえる必要があります。企業内のパソコンやサーバーにはデータの痕跡やログが残るので、定期的なバックアップなどでデータ保全をおこなうのは有益で …

停止できない機器を営業時間外にクローンすることも可能

Contents1 HDDやSSDのクローンが必要になるのはどんな時?2 証拠保全とはいったい何?2.1 不正疑惑のある社員が使用しているPCはどうすればいいのか3 秘密裏に夜間・休日クローンを実施4 …