【製造業向けクローン解説】工作機械を制御するパソコンのHDDを保守 – HDD・SSDのクローン | データ複製・保全 SSD換装

データ復旧 機器の故障と原因 バックアップ方法 長期保存 ITお役立ち情報 ハードディスク(HDD) パソコン(PC) クローン データ保全 windowsXP

【製造業向けクローン解説】工作機械を制御するパソコンのHDDを保守

投稿日:

工作機械をパソコンで制御している工場では、万一の故障に備えてクローンHDDを作成して保管するのをおすすめします。
パソコンのトラブルはHDDの故障が原因であることが多く、中身が同じ予備のHDDに換装するだけで問題解決をはかれるからです。

予備のHDDを作るには、バックアップではなくクローンによってシステム情報やプログラムまで完全に複製しなければなりません。製造業でクローンHDDを準備しておく必要性について解説します。

工作機械をパソコンで制御しているならHDDのトラブルに注意

現代の日本の製造業では、工場の工作機械をコンピュータ制御で運転しているケースがほとんどです。コンピュータによる数値制御をおこなうNC(Numerically Control)という技術は1950年代に登場し、それ以降NC旋盤をはじめとしたNC工作機械が工場の主役となっています。

コンピュータを内蔵したCNC工作機械もありますが、パソコンを工作機械に接続して稼働させている場合も少なくありません。制御用コンピュータの場所が内部であれ外部であれ、長く使用していれば経年劣化するのは避けられないことです。

10年以上操業を続けている工場経営者は、制御用のパソコンが古くなって故障してしまうなどのトラブルに注意しておかなければなりません。

パソコンの故障で最も多いのはHDDの不具合ですが、最悪の場合にはパソコンが起動すらしなくなってしまうので、NC工作機械の運転がストップすることになります。
一般的な使用のしかたならHDDの耐用年数は5年程度ですから、それ以上の長期にわたって使用を続けるのは避けるべきでしょう。

もし制御用に使っているパソコンが5年以上前のもので、HDDが大きな駆動音を出していたり異音を発したりしていたら、いつ壊れてもおかしくない状態です。
早急に対応することをおすすめします。

HDDが故障すると復旧は困難

HDDの故障が原因でパソコンによる工作機械の制御ができなくなると、製造業にとっては致命的です。復旧まで工場生産を中止せざるをえなくなり、大きな損失が発生してしまいます。

また、WindowsXPやWindows98などの何世代も前のOSで運用していたパソコンが故障すると、もうほとんど市場には流通していないため簡単には替えがききません。

新しいパソコンに買い替えて、古いパソコンからデータを移してしまえばよいと考えるかもしれませんが、実際は非常に難しいです。OSやHDDの規格が違えばデータをそのまま移すのは難しく、そもそも元のHDDが壊れていたらデータを取り出すことすら不可能です。

何年も前に作られた制御プログラムを使っているとしたら、ますます復旧は困難です。新しいパソコンに同じプログラムデータをインストールできたとしても、OSが対応していなければ正常に動作しません。


新たに制御用プログラムを作ってもらうほかなく、経営者は追加のコストを支払うことになるでしょう。
今までのやり方に慣れていた作業員にとっても、新しいプログラムの導入はストレスになりますし、操作に慣れるまで作業効率が落ちるかもしれません。HDDが故障した際の対策を講じておかなければ、いずれはこのようなトラブルにみまわれる恐れがあります。

工作機械の運用保守にクローンを活用

製造業における工場の運用保守を考えるとき、NC工作機械を制御しているパソコンが故障しても即座に復旧できる手段を模索するべきです。
トラブルの原因として最も多いHDDの故障は、替えのHDDを作成して保管しておくことで対応できます。

クローンはHDDの中身をそのまま複製する技術で、OSなどのシステム情報や制御プログラムをも完全にコピーします。

一般的なデータバックアップでは、換装するだけでパソコンが動作するHDDを作成できません。トラブル時の替えのHDDを用意する方法としては、やはりクローンが適しています。

クローンを作成する有償の市販ソフトやフリーソフトもありますが、もし元のHDDにセクタ不良などのトラブルがある場合にはおすすめできません。不良セクタ部分の複製をスキップしたり、読み取りエラーをくり返したりして、クローンを正常に作れないからです。
HDDに負担をかけて状態を悪化させてしまうと、HDDの寿命を縮めるだけでなく故障を誘発してしまいます。

また、古いパソコンにはクローンソフトが対応していないこともあり、万能ではありません。
HDDの規格も、インターフェースはIDEやSAS、SCSI、SATAと種類があり、ファイルシステムもFAT16やFAT32、NTFS、XFSとさまざまです。確実なクローンをおこなうには高度な知識と専門の技術が必要で、ソフトだけでクローンHDDを作るのはおすすめできません。

あらゆるHDDに対応する技術を持った、専門のクローン業者にまかせたほうが安心です。

工作機械を長く使い続けるならHDDクローンがおすすめ

NC工作機械は工場の生命線です。それを操作するためのパソコンの保守は第一に考えておくべきでしょう。HDDの故障に対策をとらなかったばかりに、パソコンやプログラムを含めた制御システムを一式交換することになりかねません。

最悪の場合、数千万円もする工作機械ごと買い替える必要もでてくるとしたら、操業停止中の損失もあわせると億単位のマイナスになってしまいます。

市場では手に入りにくい古いパソコンやOS、制御プログラムを運用しているなら、予備HDDを作っておくと万一のときにも安心です。

データ復旧用の専用機材を使用して、安全にクローンHDDを作成するCHRONO DATA( クロノデータ)」に相談してみるのをおすすめします。

クローンサービス(CHRONO DATA)のホームページはこちら

 

-データ復旧, 機器の故障と原因, バックアップ方法, 長期保存, ITお役立ち情報, ハードディスク(HDD), パソコン(PC), クローン, データ保全, windowsXP
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

HDDのクローンとコピーの違い

HDDのクローンとデータコピーの違い

HDDやSSDの中に入っているデータを複製したい場合、「クローン」と「コピー」の2つの方法があります。「クローン」と「コピー」似た意味を持つ2つの言葉ですが、HDDのデータ複製をする場合は、目的によっ …

HDDコピー(複製)サービスの実例紹介

Contents1 HDDの「クローン」とは?2 データ保全のためのHDDコピーの実例3 現場でのクローン作業開始まで4 お客様の会社へ伺い、クローン作業実施 5 現在の情報保全に最適 HDDの「クロ …

クローンサービスをご存知ですか?~岐阜県での事例~

ハードディスクのクローンとは、 元のハードディスクから別のハードディスクに磁気情報を丸ごとコピーして作成した 全く同じ内容・情報を持つハードディスクです。 元のハードディスクが壊れた場合でも、クローン …

停止できない機器を営業時間外にクローンすることも可能

Contents1 HDDやSSDのクローンが必要になるのはどんな時?2 証拠保全とはいったい何?2.1 不正疑惑のある社員が使用しているPCはどうすればいいのか3 秘密裏に夜間・休日クローンを実施4 …

【法人向けPC保全】SSD換装とHDDクローンをおこなうメリットとは?

法人でシステム管理者が頭を悩ませるのは、従業員のパソコンや企業内サーバーのデータ保全です。データを保管するHDDは消耗品であるため、経年劣化していきますし突然の故障も起こりえます。 クローンしたHDD …