システム障害や災害が発生しても安心!クローンでデータ保全をはかる – HDD・SSDのクローン | データ複製・保全 SSD換装

BCP対策 DR対策 セキュリティ対策 ITお役立ち情報 サーバ RAID・NAS ハードディスク(HDD) パソコン(PC) Mac サーフェス(Surface) USBメモリ・フラッシュメモリ クローン データ保全

システム障害や災害が発生しても安心!クローンでデータ保全をはかる

投稿日:2019年12月13日 更新日:

突然のサーバーダウンなど、システム障害で大損害を受けた企業は数え切れないほどあります。また、地震や火事などの災害によってパソコンが壊れ、重要なデータを消失してしまうケースもあるでしょう。

情報セキュリティの面からみても、データを守るために必要なコストをかけるのはやむを得ません。事前にストレージを複製しておけば、トラブルが起きても安心です。
今回は、データ保全のためのクローンの重要性について解説します。

システム障害が起こる原因は?

IPA社会基盤センターの調査によると、2018年1月から6月にかけて、情報システムの障害は報道されたものだけでも35件にのぼりました。
これには、金融機関の認証システムや病院の電子カルテシステムなど、セキュリティの面でも重大な被害が起こりうるシステム障害も含まれています。システム障害はソフトウェアの不備による場合もあるのですが、ほかにもいくつかの原因が考えられます。

人為的なミス、例えば単純な操作ミスや設定ミスなどは、システムに携わる人員が不足していると起こりやすいです。そもそも人が操作する以上は、人為的なミスを完全に防ぐのは難しいでしょう。

システムの構成設計やサイジング(システムやサービスの規模に合わせて機器を見積もり用意すること)にミスがある場合も、システム障害を引き起こしてしまいます。

システムの構成設計は、エンジニアの技術と経験によるところが大きいです。機器にかかる負荷の分散のしかたや、バックアップなどの障害時の対応がしっかりしていれば、システム障害の発生を抑えられるでしょう。


サイジングに関しては、サービス運用前の負荷テストなどが不十分であったり、サービス成長後のリソース拡充が追いついていない場合にシステム障害が発生しやすいです。

システム障害を防ぐことはできるのか?

人為的なミスを最小限にするには、システムの操作や設定を複数人で確認しあえるように人員を確保するのが望ましいでしょう。しかし、コスト的に適切な人員をシステム管理に配置できない企業が多いのもまた事実です。

システムの構成設計のミスを防ぐには、経験豊富なエンジニアを抱える開発業者に任せるほかはありません。サイジングも同様で、開発と運用に長けたエンジニアがいればミスも起こりにくいはずです。

しかし、そうであっても、エンジニアが要求する規模の設備投資を企業側ができるとはかぎりません。単純に予算を確保できない場合があるからです。

システム障害をなるべく防ごうとするならサーバーの増強が第一ですが、これにはかなりのコストがかかります。結局のところ、採算が合うぎりぎりのラインでシステムを運用している企業が多いのが現状で、コストをかければシステム障害を防げるとわかっていても、実際は非常に難しいと言わざるをえません。

災害によるデータ消失の被害

地震や火事などの災害で、パソコンやサーバー機器が損傷してしまうことも想定しておくべきでしょう。データ保全は、災害も含めたいかなる状況にも対応できるものでなければなりません。

東日本大震災では機器そのものが被害を受けただけでなく、バックアップ用機材まで流されたケースがあります。データを確実に守るためには遠隔地にバックアップを保管しておくような対策も必要です。

首都直下型地震や南海トラフ地震なども予想されていますので、より確実なデータ保全をおこなうことは多くの企業にとっての大きな課題です。
また、災害時にデータ保全ができていた場合でも、迅速な復旧をするには単純にデータをバックアップするよりもさらに優れた方法があります。

データ保全に役立つクローン

システム障害や災害などからデータを守る有効な手段として、クローンがあります。クローンはデータをコピーするという点ではバックアップと同じですが、「ストレージをそっくりそのまま複製する」という点が大きく異なるところです。

バックアップでは主にデータファイルのみが保存され、システム情報やプログラムなどは保存されません。しかし、クローンはデータファイルはもちろん、システム情報も各プログラムも既存のストレージ同様に複製します。
ストレージが壊れて起動しなくなったパソコンでさえ、事前に作っておいたクローンに換装するだけで元通りに動くようになります。

本体となるデバイスさえ用意すれば今までと同じ環境がすぐに構築できるので、システムの復旧にかかる時間を大幅に短縮することが可能です。企業のデータ保全の方法として、クローンは検討する価値があるのではないでしょうか。

避けられないトラブルに備えるならクローンがおすすめ

システム障害が発生するとわかっていても、コスト面がクリアできないためになかなか防げない企業もあります。
災害もまた被害を未然に防ぐのが難しく、普段から備えておくほかはありません。避けられないトラブルへの対応としては、確実なデータ保全をするとともに、いかに早くシステムを回復させられるかが重要です。

復帰が遅いと機会の損失になるだけでなく、情報漏えい等のセキュリティ面でも問題が発生してしまいます。突然のシステム障害や災害への対策として、専用のソフトや技術によるクローンサービス(CHRONO DATA)を利用してみてはいかがでしょうか。

選ぶなら安心信頼の技術

一つでも多くの確かな証拠データを割り出すために、信頼の技術力を持った当社をお選びいただくことをおすすめいたします。

クロノデータ(CHRONO DATA)は

特急データ復旧ウィンゲットが運営しています

データ復旧の実績
累計60,000件
データ復旧専門10 年以上の経験で培った高度な技術と、信頼のサービスでお選びいただいております。出張サービスを業界内でもいち早くスタートさせ、お客様のニーズに合わせたサービスでご満足いただいております。
特急データ復旧ウィンゲット公式サイトはコチラ

 

オフィスは主要都市に6拠点
全国に受付窓口が185箇所あり

弊社は北海道(札幌)、東京都(秋葉原)、神奈川県(横浜)、愛知県(名古屋)、大阪府(梅田)、福岡県(博多)に6店舗がございます。
また弊社は受付窓口として全国に185箇所代理店がございます。
PCの調査で、どのようなことができるのかご不明点やご不安点を解決いたします。 お近くで相談されたいお客様は、ご予約のうえ、ご来店ください。

店頭では、デジタルフォレンジックのご相談を伺い、専門スタッフがお客様のご要望に合わせたサービスをご提案いたします。

店舗への来店が難しい地域の方々には、上記店舗へ機器を郵送していただく【郵送受付】も行っております。なるべくお客様の近くで対応できるよう、各店舗を設けております。

札幌市中央区南1条西10-4-167
小六第一ビル 6F

直通TEL:011-272-0600

大きな地図で見る

東京都千代田区神田須田町2-7-3
VORT秋葉原ビル5F

直通TEL:03-6206-0970

大きな地図で見る

横浜市中区扇町1-1-25
キンガビル4F

直通TEL:050-2018-0428

大きな地図で見る

名古屋市中村区名駅2-38-2
オーキッドビル 5F

直通TEL:052-414-7561


大きな地図で見る

大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル 7F

直通TEL:06-6131-8423


大きな地図で見る

福岡市博多区博多駅南1-3-6
第3博多偕成ビル 11F

直通TEL:092-452-7705


大きな地図で見る

全国の受付窓口

-BCP対策, DR対策, セキュリティ対策, ITお役立ち情報, サーバ, RAID・NAS, ハードディスク(HDD), パソコン(PC), Mac, サーフェス(Surface), USBメモリ・フラッシュメモリ, クローン, データ保全
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

クローンHDDによる復旧事例-製造業編-

「PC」やサーバにはデータを保存している「HDD」が搭載されています。 しかし、「HDD」は使用と共に劣化し、故障してしまうケースも少なくありません。 もし、故障してしまった場合、壊れたHDDから直接 …

データ保全が必要になるケースは?

Contents1 データ保全とは2 データ保全の方法について3 データ保全はどのような時に必要になるのか4 データ保全したいがやり方がわからない方には データ保全とは 今お使いのPCやHDD・SSD …

HDDコピー(複製)サービスの実例紹介

Contents1 HDDの「クローン」とは?2 データ保全のためのHDDコピーの実例3 現場でのクローン作業開始まで4 お客様の会社へ伺い、クローン作業実施5 現在の情報保全に最適 HDDの「クロー …

【製造業必見】産業用パソコンの故障に備え、行うべきことは?

Contents1 製造業になくてはならない「産業用パソコン」2 故障リスクにどう備えるか3 「クローン」によって何ができる?4 クローンサービスの実例ー産業用パソコンの入替5 出張でのクローン作業6 …

【裁判でも提出可能】データ保全にクローンを利用して証拠を確実に!

内部監査やインシデント発生時には、真実を確かめるために証拠をおさえる必要があります。企業内のパソコンやサーバーにはデータの痕跡やログが残るので、定期的なバックアップなどでデータ保全をおこなうのは有益で …